慢性疲労症候群とは



慢性疲労症候群(CFS)とは、
極度の疲労(強い消耗感、極端なスタミナ不足)が一日中もしくは一日のほとんどの時間、生じている状態が長期間続く状態のことをいいます。

慢性疲労症候群人間だれでも疲労を感じることはあります。

大抵は休養や睡眠をとることで疲労は回復されますが、
中にはどんなに休養や睡眠をとっても疲労が回復されない場合があります。

このようにいつも疲労を感じている人は、男性の5人に1人、女性では3人に1人いると言われています。

慢性疲労症候群長い労働時間、ストレスなどで、慢性的な疲労を感じる場合がありますが、このような要因が全くないにも関わらず、慢性的な疲労、それも日常生活に支障をきたすほどの極度の疲労を感じる人も少数ながらいるのです。

この場合、慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome)であることが疑われます。

アメリカでは慢性疲労免疫障害症候群(CFIDS)として知られています。

◎疲労回復にパワーアップドリンク黒力(くろちから)