慢性疲労症候群の症状



 

慢性疲労症候群の症状は人によって様々

慢性疲労症候群(CFS)は、これまで健康に生活していた人に原因不明の強い全身倦怠感、微熱、頭痛、脱力感や、思考力の障害、抑うつ等の精神神経症状などが起こり、この状態が長期にわたって続くため、通常の日常生活が送れなくなるという病態です。
 
 
慢性疲労症候群具体的な症状としては、患者によってかなり様々な表れ方をしますが、多くは風邪やインフルエンザの症状と似ています。
 
◎頭痛、めまい、かすみ目
◎筋肉痛、関節痛、リンパ節痛、凝り
◎不安感、認識力低下、うつ状態
◎睡眠障害、寝汗、
◎胃腸障害、吐き気、食欲不振、下痢
◎咽頭炎、口渇、咳
◎微熱、筋力低下、

慢性疲労症候群症状の重さは、患者により大きく異なります。
同じ患者であっても時期によって、軽い疲労のときもあれば、寝たきりで動けない状態にまでなることがあります。またこれらの症状は繰り返され、時期によって現れる症状が異なる場合も多く見られます。
 

 
 

日常生活や労働などのパフォーマンスステータス(PS)

PS(Performance Status)といわれ、疲労・侮怠の程度を評価する指標があります。慢性疲労症候群にかかると、下記のPS3〜PS9の状態に該当するようになります。


PS0 倦怠感がなく平常の社会生活ができ、
    制限を受けることなく行動できる。

PS1 通常の社会生活ができ、労働も可能であるが、
    疲労感を感ずるときがしばしばある。
 
PS2 通常の社会生活はでき、労働も可能であるが、
    全身倦怠感のため、しばしば休息が必要である。

PS3 全身倦怠感のため、月に数日は社会生活や労働ができず、
    自宅にて休息が必要である。

PS4 全身倦怠感のため、週に数日は社会生活や労働ができず、
    自宅にて休息が必要である。

PS5 通常の社会生活や労働は困難である。軽作業は可能であるが、
    週のうち数日は自宅にて休息が必要である。

PS6 調子のよい日には軽作業は可能であるが、
    週のうち50%以上は自宅にて休息している。

PS7 身の回りのことはでき、介助も不要であるが、
    通常の社会生活や軽労働は不可能である。

PS8 身の回りのある程度のことはできるが、しばしば介助がいり、
    日中の50%以上は就床している。

PS9 身の回りのこともできず、常に介助がいり、
    終日就床を必要としている。


◎疲労回復にパワーアップドリンク黒力(くろちから)