慢性疲労症候群の診断基準



慢性疲労と慢性疲労症候群は、しばしば混同されますので、その違いを見てみましょう。

●慢性疲労
慢性疲労とは、長期間続く疲労感全てを意味し、疲労の程度やその他の病気や症状の有無などは関係ありません。主に日常生活に支障をきたさない程度の疲労感が半年以上続く場合に慢性疲労と呼ばれます。

●慢性疲労症候群(CFS)
慢性疲労症候群とは、一つの疾病を意味するものです。
厚生労働省や米国防疫センターの診断基準を満たすものに対して、慢性疲労症候群という診断名がつけられます。

以下のような場合に慢性疲労症候群と診断されます。

  ・日常生活に支障をきたすほどの疲労感が半年以上続く。
  ・疲労の原因が、病気によるものでないこと。
  ・診断基準にある症状の8項目以上を満たすこと。(以下参照)
 
 
 

厚生省CFS診断基準試案(平成7年3月、一部改変)

A.大クライテリア(大基準)

1. 生活が著しく損なわれるような強い疲労を主症状とし、少なくとも6ヵ月以上の期間持続ないし再発を繰り返す(50%以上の期間認められること)。

2.病歴、身体所見、検査所見で別表*に挙けられている疾患を除外する。
 
 

B.小クライテリア(小基準)

ア)症状クライテリア(症状基準)
  (以下の症状が6カ月以上にわたり持続または繰り返し生ずること)

   1.徴熱(腋窩温37.2〜38.3℃)ないし悪寒
   2.咽頭痛
   3.頚部あるいは腋窩リンパ節の腫張
   4.原因不明の筋力低下
   5.筋肉痛ないし不快感
   6.軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感
   7.頭痛
   8.腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛
   9.精神神経症状(いずれか1つ以上)
       光過敏、一過性暗点、物忘れ、易刺激性、混乱、
       思考力低下、集中力低下、抑うつ
   10.睡眠障害(過眠、不眠)
   11.発症時、主たる症状が数時間から数日の間に出現
 

イ)身体所見クライテリア(身体所見基準)
  (少なくとも1カ月以上の間隔をおいて2回以上医師が確認)

   1.微熱
   2.非浸出性咽頭炎
   3.リンパ節の腫大(頚部、腋窩リンパ節)

◎大基準2項目に加えて、
小基準の「症状基準8項目」以上か、
「症状基準6項目+身体基準2項目」以上を満たすと「慢性疲労症候群(CSF)」と診断する。

◎大基準2項目に該当するが、
小基準で診断基準を満たさない例は 「慢性疲労症候群(CSF)の疑いあり」とする。

◎上記基準で診断された慢性疲労症候群CSF(「疑いあり」は除く)のうち、感染症が確診された後、それに続発して症状が発現した例は「感染後CSF」と呼ぶ。

 

◎疲労回復にパワーアップドリンク黒力(くろちから)