診断基準制定までの経緯



1984年
アメリカのネバダ州で、健康だった人が、原因不明の極度の疲労感を訴える患者が、集団発生したのをうけて、当時の米国防疫センター(CDC)が調査を行いました。

1988年
アメリカで米国防疫センター(CDC)による慢性疲労症候群の診断基準が定められました。

1990年
大阪大学の木谷照夫教授らにより国際的診断基準を満たす第1例が報告されました

1991年
厚生省のCFS調査研究班(斑長:木谷照夫)が発足し、日本におけるCFSの診断基準が定められました。

1993年
日本の慢性疲労症候群の診断基準をもとに474例(感染後CFSを含む)のCFS症例が報告されました。

1994年
1988年に発表された診断基準についていくつかの調整が行われ、アメリカ疾病管理予防センターによる慢性疲労症候群の改定診断基準が発表されました。

◎疲労回復にパワーアップドリンク黒力(くろちから)